医薬品の品質管理
プロフェショナル。

2002年入社
生産本部 綾部工場
品質管理課 課長

医薬品の製造所には、製造について管理監督する「製造管理者」がGMP組織のトップにいます。私は製造管理者として、製造管理および品質管理に関わる業務の統括を行っています。原材料の入荷から製造、最終製品の出荷に至るすべての過程において製品の「品質」が保たれているかを確認し、高品質の医薬品を安定供給する責任があります。製造管理者は大変な重責ですが、やり甲斐も大きいです。この製造管理者の資格要件は薬剤師であることが法律で定められており、いま薬剤師をめざして頑張っていらっしゃるみなさんも、選択肢のひとつとして知っておいて欲しいですね。

品質管理の主な業務は、原料や製品の試験検査業務を行うこと。理化学試験、微生物試験を原料の受入から製品として出荷するまでの間、随所で実施して品質の評価を行います。私は試験責任者も兼務し、約400種類の原料および資材の受入試験の進捗管理や結果確認を行っています。

一人は皆のために、皆は一人のために・・・少しぐらいの失敗はみんなが自然に集まってサポートしてくれる、そんな日東薬品でいっしょに仕事をしませんか。

私の志望理由

当時の研究開発本部長が「誰かウチへ来てくれる人はいませんか?」と、私の大学の某研究室教授を訪ねてこられました。私はその研究室には所属していませんでしたが、教授同士の仲が良かったので私にも声をかけていただきました。その日に本部長から会社について色々と話を伺ったのですが、「これは何かの縁だ!」と翌日には面接依頼の連絡を入れていました。

就活生のみなさんへ

聞いたことのない会社だと思った方も多いでしょうね。でも、テレビCMや薬売場などでよくみかけている製品のいくつか、実は私たち日東薬品がつくりだしているんです。あなたの家の中にある薬などの製造販売元を確かめてみてください。きっと日東薬品工業という社名がみつかるはずですよ。