新しいテーマに挑戦し、
新技術を手にする。

1999年入社
研究統括本部 NOSTERバイオ研究所
マイクロバイオームグループ 研究グループ長

私たちマイクロバイオームグループは乳酸菌やビフィズス菌、酪酸菌をはじめ、日東薬品が保有する7種類ものオリジナル有用微生物を医薬品や食品として製品化するための研究開発を行っています。その代表選手といえるのがよく知られた整腸薬ですが、いまはそれだけでなく有用微生物がヒトの腸内でつくりだす物質を、ヒトのカラダの外で大量につくりだす研究をさまざまな大学と共同してスタートさせました。すでに動物を用いた試験で脂肪の蓄積を抑制したり、免疫力を高める物質をつくりだすことに成功しており、明日の日東薬品を支えていく貴重な成果だと評価をいただき、自分でもそれが実感できたときは長い研究生活の中でいちばんの喜びを感じましたね。

でも失敗談も色々あるんですよ。自分でやらないといけないという意識が強すぎて仕事を抱えこんでしまい、多大なご心配を上司や同僚にかけることが度々ありました。会社というのはシステムやルールに則って自分をスキルアップしていくだけではダメなんですね。周りを頼ってチームで成果を上げていくことがすごく大事だということをそのとき学びました。

私の志望理由

大学に日東薬品から求人があり、それに応募して面接を受けたのがきっかけでした。創業以来ずっと有用菌の研究に力を入れてきたのを知り、自分が学んできたことがここなら生かせると思って入社を決めました。素晴らしい環境の中で仕事ができることも、決断を後押ししてくれたと思います。

就活生のみなさんへ

そこがどんな商品をつくっているのか、どんなサービスを提供しているのかなど、まずは企業研究をしっかりとしてください。大学の先輩を頼って生の声を聞きだすのも大切ですよ。