新製品開発の
トータルプロデューサー。

2003年入社
研究統括本部 NOSTERバイオ研究所
アライアンスグループ グループ長 兼
開発本部 開発企画課 課長

開発企画課の仕事というのは、新製品の商品企画から発売までをひとつのプロジェクトとして推進していくことです。新製品開発にはさまざまな部署が関わってきますが、それをトータルプロデューサー(ちょっとカッコいいでしょ)として取りまとめていくのです。もちろん、発売会社などの外部との連絡や交渉をする渉外も私たちが行います。開発担当した新製品のテレビCMが流れたり、店頭に陳列されたところをみると、チーム力で開発したんだという一体感を強く感じ、それが大きなやりがいへとつながっています。

どこにもない製品づくりにはお互いが遠慮せずに意見を出し合い、トップから社員までが一丸となって商品開発に取り組んでいく社内雰囲気づくりが大切。それも私たちの仕事のひとつということもあり、頻度はそれほど多くはないですが(ホントって?)他部署や同僚との飲ミュニケーションを大切にしています。

私の志望理由

大学院時代に製剤技術力にすぐれた京都の製薬会社として紹介されました。当時の研究開発本部長と直接話をさせていただいたのですが、大手の製薬会社と取引実績があり、そこから製造受託するんじゃなくて自ら新製品を企画提案していくユニークな会社だと分かりました。私もよく知る製品名が次ぎから次へと出てくるのにはホント驚きました。それが入社を考えるきっかけでしたね。

就活生のみなさんへ

実際にめざす企業へ足を運ぶのがいちばんだと思います。社員の方からの生の情報ほど役立つものはありません。もし日東薬品に興味をお持ちなら、ぜひ私を訪ねて会社へ来てください。