知的財産戦略

知的財産戦略

知的財産権とは知的創造活動の成果に対して、その創作者に一定期間与えられる保護権利のことです。新しいアイデアは発明という特許権で、製品名称への信用は商標権で保護を行い、事業活動をサポートします。医薬品分野ではパテントポートフォリオと呼ばれる特許群によって、市場における競争優位性を確保していきます。

私たちは菌研究を中心にみいだされた新しい微生物や微生物の代謝物を物質特許として、物質の持つ有効性を用途特許として、さらには物質の作製法を製法特許として権利化し、これまで誰も手がけたことのない新たなビジネスを展開します。また、市場参入のための名称を商標登録することによってシェアの確保と利益の最大化も図っていきますが、ブランドをいっそう強化するために名称だけでなく、デザイン、図形、色彩などの商標登録も行います。

激しいグローバル競争の中で、いま企業経営を取り巻く環境は大きく変化しています。競争力を高めるためには研究開発を維持し、その成果を確実に企業収益へ結びつける必要があります。日東薬品では研究開発の初期段階から知的財産部門が関与し、単に発見を知財化するだけではなく、その後の事業化も想定した知財権の取得をリードします。「攻める」知的財産戦略で、私たちは強固なパテントポートフォリオを構築していきます。