社会貢献

社会貢献

地域に根ざした企業として、
子供たちの健やかな成長に貢献したい。

「会社(Company)は社会(Society)のために存在する」。それは私たち日東薬品工業の変わらぬポリシーです。その考え方のもと1947年に京都・向日市で創業して以来、“地域に根ざした企業”として向日市への支援を行っています。

向日市への支援

Hibワクチン接種の助成金

私たちの本社がある京都府向日市の子育て支援を目的に、2010年から毎年800万円の寄付を行っています。これは乳幼児の細菌性髄膜炎を引き起こす「ヘモフィルスインフルエンザ菌b型」(Hib)に感染することを防ぐための、ヒブワクチン接種の助成金として活用されています。Hibによる細菌性髄膜炎にかかると1カ月程度の入院と薬による治療が必要となりますが、治療を受けても約5%が死亡し、約25%に発育障害などの後遺症が残ってしまう怖い病気です。予防接種は生後6カ月から2歳の間に4回接種することがすすめられていますが、その費用が約3万円と高額であるためこのワクチンを助成金の対象として選びました。この寄付活動がきっかけで向日市では京都府内で初めてHibワクチンの助成金制度が開始されました。向日市の未来を担う子供たちの健やかな成長を願い、これからも子育て支援を続けます。

ブックスタート事業

私たちは向日市への寄付を通してHibワクチンの接種と同時に、ブックスタート事業も推進しています。ブックスタートとは1992年にイギリスではじまった、赤ちゃんと保護者が絵本を開いて楽しいひとときを分かち合う運動です。向日市でも2011年からブックスタート事業を開始しました。乳児後期診断で保険センターを訪れた親子に絵本の読み聞かせを行い、2冊の絵本や図書館情報が入った「ブックスタートパック」をプレゼント。私たちはこの事業の推進を通して親子と地域、子供たちと家族の結びつきを強めていきたいと考えています。

京都生まれ、京都育ちの企業としても、さまざまな貢献を行っています。

全国車いす駅伝競走大会への協賛

全国車いす駅伝競走大会は障害者の社会参加と障害者スポーツの振興を図り、社会における障害者への理解と認識を深めることを目的に、毎年京都で開催されています。私たちはこの大会に2009年より協賛しており、NOSTERの乳酸菌が入ったゼリー状のオリジナル飲料「らぶれぎゅっ!」を約2000個提供しています。2014年には大会実行委員会より協賛に対して表彰を受けました。

青蓮院門跡への支援

京都の東山にある青蓮院門跡は天台宗総本山比叡山延暦寺の三門跡のひとつであり、現在は天台宗の京都五箇室門跡のひとつにも数えられます。さまざまな問題を抱える人々の心の支えとなるために、仏教にわかりやすく触れる場をつくり、救いや心の安らぎを得る機会をひらく活動を行っています。そしてその活動の一環として法話や座禅止観の道場にもなる青不動の大護摩堂を、東山山頂の将軍塚に建立する計画をすすめています。私たちはこの活動を支援し、2012年に寄付を行いました。